自己の啓発
これからです。ここからです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とてつもない変性意識を実現する方法PDF版
変性意識状態」とは特殊な脳の状態です。


苫米地英人博士の著書「英語脳の作り方」によると、ネイティブ並の
英語を習得するには、まず特殊な脳の状態を造らなければならないと、
されています

これは、どういう意味でしょう?

簡単に言いますと、脳を子供の状態に戻すと、いうことだと
思われます。

言語は眼や耳から入ってきた「情報」に対して、「名前」を
付けることで成り立っています
窓の外にいる、全身に毛の生えた、ワンワンと吠えているものが、
「犬」です。

こんなふうに、「犬」をとりまく状況を含めて、その存在を
「犬」という言葉が、脳の中で対応しています。

そして、「犬」をとりまく状況を含めての呼ばれる存在が、
「犬」という言葉で対応しているのが、日本語を母国語に
している人です。

つまり、「日本人」です
あなたのことです。

このような「物事とそれに対応する言葉」というセットが頭の中で、
すでに出来上がっていると、新しい(英語の)言葉を対応させる
ことができなくなります。

どういうことがと言うと、「犬」をとりまく状況を含めての
呼ばれる存在に、「DOG」という言葉を対応させることが、
英語を学ぶことです。

その際、すでに「犬」という単語が脳の中に対応していたら、
「DOG」を対応させることが、できません。


苫米地英人博士の著書「英語脳の作り方」では、これが英語を
第二言語として習得するときにもっとも困難になる原因だと
説明されています。

そのため、「英語脳の作り方」では、脳の日本語を記憶している
部分を不活性にする特殊な音源を、英語の学習する前に
聞かせることで、ネイティブ並の英語を習得することができる
としています。


ところで、脳の日本語を記憶している部分が不活性な日本人とは、
なんでしょうか?

これはまだ言葉を話すことができない、幼児の脳と同じでは
ないでしょうか?

苫米地博士によると、言語だけでなく効果的な学習全般のためには、
学習の前に特殊な脳の状態をつくり出すことが重要であると
言っています。

その脳の状態こそが、「変性意識状態」です。


>>>とてつもない変性意識を実現する方法PDF版

>>>Landmark infomap<<<
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://lovepresent.blog101.fc2.com/tb.php/821-347f3b25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク集



RSSフィード





QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。