自己の啓発
これからです。ここからです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピー性皮膚炎7つの鍵
アトピー性皮膚炎やぜんそくなど根本原因は、
現代西洋医学でも解明されていません。

西洋医学ではアトピー性皮膚炎の治療にステロイド療法を
実行して以来、すでに約40年を経過しています。

しかし、未だに多くの方々がその対処に苦しみ、
近年ではステロイド剤使用の患者さんに与える影響が、
社会的問題にもなっています。

当川井筋系帯療法研究所の28年間の治験例の分析では、
アトピー性皮膚炎やぜんそくの患者さんには共通した形態があります。

すなわち、立位で体を前または後から見ると、右の骨盤が上がり、
右の肩が下がっています。また、脊柱は胸部で左凸に弯曲しています。

この骨格形態はアトピー性皮膚炎とぜんそくの患者さんの
95パーセント以上に共通しており、生後2~3週間で
発症している新生児と成人であっても肩と骨盤が同じ方向に
傾斜があり、身体動作分析の結果でも共通点があります。

川井筋系帯療法では、この共通した不健康形態を可能な限り
自然が設計した健康状態に整復することによって、
全身の機能的働きの高揚を促し、自己自然治癒力
(免疫力および新陳代謝能力)によってアトピー性皮膚炎や
ぜんそくなどの改善を図っております。

>>>アトピー性皮膚炎7つの鍵





>>>Landmark infomap<<<
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://lovepresent.blog101.fc2.com/tb.php/836-f49ea7e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク集



RSSフィード





QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。