自己の啓発
これからです。ここからです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフスイング理論“Perfect Swing Theory 2
ついにに公開! 1,300人以上のゴルファーに実践された
あの「“Perfect Swing Theory”」を超えた飛ばしの進化論とは?

このDVDからあなたが手に入れるノウハウの一部を
ご紹介すると・・・

1、2、3を超えた、最新の飛ばすリズムとは?

前作のリズムで距離がアップした人は、この最新リズムを
体得することによってさらに飛ばすことができます。
今回は、どのようにしてこのリズムを体得すべきかを、
講義だけではなく実際の指導現場を見せて分かりやすく
お伝えします。
このリズムを身に付ければ、あなたも年齢や身体能力に関係なく、
今より20ヤード以上伸びるでしょう。このリズムで、
ガンガン距離を伸ばして、ショートホールでのワンオンを
日常化してください。


98%のゴルファーが手打ちになってしまう理由とは?

私が見てきたほとんどの人たちは、この理由が原因で
手打ちになってしまっています。しかし、それはアドレスで
あることに気を付ければたちまち解消できてしまうのです。
見た目も美しい、腰から「ブーン!」と唸る体幹を使った
スイングで、周囲の視線を釘づけにしてみませんか?


飛ばすアドレスは「矢印型」か「ト型」なのか?

飛ばせるアドレスフォームを客観的にチェックする方法を
お伝えします。これが分かれば、飛ばせるアドレスフォームを
試合場でも練習上でも一人でチェックすることができます。
常にベストコンディションをキープして、試合で勝つのは
あなたです。


飛ばすヘッドスピードの上げ方とは?

手や腕の振りでヘッドスピードを上げようとすれば、
結果的に手打ちとなり、球を飛ばすことができません。
最新の安楽流による、下半身の力と体幹を利用したリズム力が、
あなたに本物のヘッドスピードを与えてくれます。
もちろん、力は必要ありません。これでややこしい理論を
一切気にすることなく、また無駄なトレーニングをせずに、
飛ばすヘッドスピードを手に入れることができます。


飛ばすフォロースルーの作り方

腰を切らなければならないことは充分ご存じのはずですが、
ほとんどの人が切れているつもりで切れていません。
飛ばす腰にはある一定の法則があります。
その法則を取り込むには、実は10秒もかかりません。
あなたも、今すぐ飛ばす腰を作ってみませんか? 
そして、故障の少ないコンディションを維持し、
一生、飛ばし屋と言われるゴルファーになってみませんか?


安楽のスイングを生み出す自宅トレーニングとは?

私のように距離を伸ばしたいのであれば、自宅での
トレーニングや練習は必要ありません。
しかし、練習場で打つ時、あることを心がけてほしいのです。
なぜなら・・・
飛ばす人だけが知っている、本当の重心の下げ方
このメカニズムをきちんと理解することが、
90%の人が勘違いをしている飛ばすアドレスの作り方を
完成させるのです。
10人中9人が間違えている、飛ばすアドレスの作り方を
伝授します。
いつまでたっても手打ちが治らない仲間と差をつけるのは、
このアドレスの作り方がカギなのです。


なぜ、ドライバーをやわらかく握ると飛距離が伸びるのか?

右手はほとんど握らないほうが飛ぶことは、すでにご存じだと
思われますが、なぜそれが距離を生むのでしょうか? 
この理論を正しく知ることがあなたのグリップを
長打量産グリップに変えてくれます。
アイアンで飛ばす方法とは?
ポイントはたったの一つ。これだけで、ドライバーと同じように
アイアンでもガンガン飛ばすことができるのです。
これでもう、アイアンの使用回数によってスコアが左右される
ことはありません。


調子が悪い時の対処方法とは?

安楽が実際にしている調子が悪い時のチェック方法と修正術を
お伝えします。
飛ばす軌道を自動化する、スイング矯正方法とは?
飛ばすスイング軌道を自動的に体に叩き込む最新の練習方法を
公開いたします。
何も考える必要はありません。ある小道具を使って素振りをすれば、
あなたは最も飛ぶスイング軌道を、自然に体へ覚えさせることが
できるのです。
ごちゃごちゃ考えずに、理想のスイング軌道が身につくこの方法は、
一人でも可能です。


これらはほんの一部になります。

また、今回のDVDには実際に「Perfect Swing Theory」前作を
見た方々を私が個別指導している場面も公開させていただきます。

「肩が下がる」、「手打ちが治らない」、「体重が乗らない」、
「腰が回らない」などの悩みを抱えたゴルファーが、どのように
指導され治されていくかを、ビフォーアフター画像と共に
ご覧ください。

その指導内容は前作を補足する内容だけではなく、
私が新たに導き出した新理論の要素もふんだんに盛り込まれて
います。

詳しくは>>>ゴルフスイング理論“Perfect Swing Theory 2







スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://lovepresent.blog101.fc2.com/tb.php/975-a2a3bcdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク集



RSSフィード





QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。